アメリカの“マザー・ロード”と呼ばれるルート66。

1926年に創設された全長3,755㎞の国道で、アメリカ中西部の発展に大きく貢献しました。
映画や音楽の題材としても人気を博したものの、より便利な州間高速道路(インターステート)の発展によって、その役目を終え1985年に廃線となってしまいます。

しかし各州から廃線を惜しむ声が上がり、ヒストリック・ルート66として復活。

現在は一部インターステートと同化した区間こそありますが、イリノイ州シカゴからカリフォルニア州サンタモニカまで、現役だった当時の面影を色濃く残した旧道を走ることが可能です。

すべてのルートを走るには2週間ほどの日数が必要となります。
そのため全行程をいくつかに分割し、今年はカリフォルニアとアリゾナ、次はニューメキシコとテキサス、といったような旅がスタンダードなスタイルといえるでしょう。

当社ではお客様のリクエストに合わせて、ルート66の名所を巡る旅を提案。
またルート66の近隣にある国立公園などをセットでご案内するなど、オーダーメイドツアーの名に相応しい高い自由度で、古き良きアメリカを満喫していただきます。

※各州の詳細は画像をクリックして下さい。